毛穴に効果がある美容成分

【 GF(成長因子)】

GF(グロースファクター)とは、人の体内で生成されるタンパク質の総称で、特定の細胞に働きかけ、肌本来の再生力を促します。飛躍的に肌の再生力と保水力を向上させお肌以外にも髪の毛や髭など様々な部分に存在し若々しさをサポートする重要な成分です。GFは体内生成されてるとはいえ、生産量が限られています。しかも、紫外線からのダメージや年齢を重ねていくごとに減少していくとも言われています。
なので、 外からEGFなどのGFを取り入れることで、お肌本来のサイクルを維持する為にもとても重要な成分なのです。

一般的に広く利用されているグロースファクター

■EGF(ヒトオリゴペプチド-1 オリゴペプチド-24) 柔らかい生まれたての透明感のある肌を作る為に、お肌を正常な状態へ整える働きがあります。
■IGF(ヒトオリゴペプチド-21 オリゴペプチド-20) EGFとともに、明るく健やかなお肌の状態へ整える働きがあります。
■FGF(ヒトオリゴペプチド-13 アセチルデカペプチド-3 うるおいのあるお肌を保つ為に、お肌の水分・油分を補う働きがあります。
■HGF(カプロオイルテトラペプチド-3) お肌にハリと弾力を与える為に、お肌の水分・油分を補う働きがあります。
■TGF(オリゴペプチド-34) エイジングケアに優れ、潤いのある若々しいお肌を保ちます。

【ヒアルロン酸】

毛穴ケアに有効とされている美容成分の一つによく挙げられるのはヒアルロン酸です。ヒアルロン酸とは何かというと、保湿力が高い粘性のある成分で、私たちの体内に存在している成分です。しかし、年齢を重ねるとヒアルロン酸は減少していき、それにつれて肌は水分を保っていく能力を失い、肌は乾燥し、シワ、たるみの原因になるのです。ヒアルロン酸が補えれば、肌はうるおいふっくらとするため、毛穴は目立ちにくくなります。そればかりか、肌自体が十分なバリア機能を保持できますので、あらゆるトラブルを避けられます。

年代別毛穴ケア

20代

20代の肌は10代ほどではありませんが、まだまだ皮脂の分泌が盛んです。そのため毛穴に角質がたまりやすいので、洗顔は重要になってきます。とはいえ、皮脂を取りすぎてしまい、乾燥を招くような洗顔は厳禁です。洗顔料は十分泡立てて、優しく洗い上げましょう。

30代

30代になると、毛穴の開きが気になるという方が増えます。それは、コラーゲンやエラスチンなど、肌の水分を保持し、弾力やハリを保つ成分が減ってくることによるものです。30代のケアでは、洗顔はぬるま湯などで優しくを心がけ、水分補給を重要視したケアが大事です。

40代

40代になると30代以上に毛穴の開きを気にする方が増えます。皮脂の分泌がますます減っていく40代の肌はうるおいも無くなり、ダメージを受けやすい状態になります。そのことを踏まえて、20代の頃よりも、肌へのダメージを軽減させるケアを心がけるといいでしょう。保湿がより重要になりますが、化粧品は添加物が入っていないものにして肌をいたわるようにしましょう。

毛穴ケア化粧品の選び方

毛穴ケアといえば毛穴の黒ずみのケアと考える方はいると思います。ですから、角栓を落とすという化粧品は毛穴ケアとして人気があります。確かに、落とすケアは大切です。しかし、毛穴のケアはそうした表面上のことだけではなく、毛穴が開き、毛穴が目立ってしまう原因を知り、それを解消することが大切です。
若いときに黒ずみなどで毛穴が目立つのは、皮脂の分泌が盛んで洗顔が足りないためです。しかし、30代以上になってくると、肌がうるおいを失い、ハリがなくなり、たるむことで毛穴が目立ってしまいます。そのため、肌のうるおいをいかに補給し、保持するかが重要になっていきます。それは取りも直さず、肌を健康に保つことにもつながります。特に加齢による毛穴の開きを感じたら、十分にうるおいを与えてくれる自分の肌にあった化粧品を選ぶことが重要です。落とすケアではなく、肌を守るケアを大切にすることで、毛穴の開きは解消されます。

TOPへ戻る