毛穴ケアの基礎知識

そもそも「毛穴ケア」は何かというと、毛穴が目立たない美しい肌を目指すということです。それには、毛穴が開き、そこに汚れがたまり黒ずむのも防ぐ必要があります。もちろん、毛穴自体は新陳代謝には欠かせないもので、その大きさも数も生まれながら決まっています。しかし、少しでも目立たないようにしたいものですね。
毛穴はまず加齢と共に目立つようになりますが、それは肌がかつてのようなうるおいや弾力、ハリを失っているからです。ですから、毛穴ケアはエイジングケアであるといえます。それから、毛穴に不要な角質が溜まっていくのは、必要以上に皮脂が分泌されるからです。過剰な皮脂の分泌は、うるおい不足、男性ホルモンの分泌、生活習慣の乱れが原因となります。皮脂をきちんと洗い上げつつ、十分なうるおいを補給するケアが必須となります。毛穴ケアは以前、黒ずみを落とすことに注目するあまり肌にダメージの多いケアがよく見られましたが、そのようなことは本末転倒になりかねないので、注意が必要です。

毛穴トラブルの原因

そもそも「毛穴ケア」は何かというと、毛穴が目立たない美しい肌を目指すということです。それには、毛穴が開き、そこに汚れがたまり黒ずむのも防ぐ必要があります。もちろん、毛穴自体は新陳代謝には欠かせないもので、その大きさも数も生まれながら決まっています。しかし、少しでも目立たないようにしたいものですね。
毛穴はまず加齢と共に目立つようになりますが、それは肌がかつてのようなうるおいや弾力、ハリを失っているからです。ですから、毛穴ケアはエイジングケアであるといえます。それから、毛穴に不要な角質が溜まっていくのは、必要以上に皮脂が分泌されるからです。過剰な皮脂の分泌は、うるおい不足、男性ホルモンの分泌、生活習慣の乱れが原因となります。皮脂をきちんと洗い上げつつ、十分なうるおいを補給するケアが必須となります。毛穴ケアは以前、黒ずみを落とすことに注目するあまり肌にダメージの多いケアがよく見られましたが、そのようなことは本末転倒になりかねないので、注意が必要です。

間違った毛穴ケア

毛穴ケアを一生懸命やっているつもりが、それこそが毛穴トラブルの原因となっているそんな場合があります。
一つは「毛穴を引き締めなくてはいけない!」という誤解です。毛穴の数と大きさは生まれながらのもので、数も大きさも決まっています。それが開きっぱなしになって汚れが溜まって目立ってしまっているか、そうでないかなのです。ですから、毛穴を引き締めるためといってとにかく冷たい水で洗顔するのみといったスキンケアはNGです。確かに温度が下がればそのとき毛穴は縮まります。しかし、洗顔の一番の目的は汚れを落とすことですし、ずっと毛穴は縮まってくれているわけではないのです。さらに、「毛穴ケアばかりに集中して、角栓を落とすことに熱中する」のもNGです。毛穴ケアには肌全体の状態を良くすることが大事です。そうでなければ、一時的に毛穴が縮まり、黒ずみが取れたとしても、再びすぐに毛穴が開き、元通りに黒ずみがたまってしまうからです。

タイプ別毛穴対処法

敏感肌の毛穴ケア

敏感肌の方は自分の肌にあう化粧品を探し出すことに苦労していることと思います。刺激を与えないといことが敏感肌の鉄則ですから、自分の肌に合ったいつものケアを丁寧にすることが大切です。ポイントはクレンジングで、肌に残ったメイクは毛穴開きばかりか、他のトラブルも引き起こす可能性がありますので、しっかり落としましょう。もちろん、ゴシゴシこすらず優しく指の腹で洗ってあげましょう。

乾燥肌の毛穴ケア

乾燥肌は水分が足りていない肌なので、肌がハリを失い、たるんでしまいます。それによって、毛穴が目立ってしまうのです。ケアのポイントは、この場合ハリを改善するためのうるおい。保湿に重点をおいたケアを心がけるようにしましょう。

脂肌の毛穴ケア

脂肌の方は毛穴の黒ずみが目立つという悩みをもっている方が多いです。そのため、一生懸命洗顔をしてしまいがちですが、洗顔しすぎてうるおいが奪われると毛穴は開き脂肌が悪化してしまいます。メイク落としは必ずしっかりする必要がありますが、脂肌の方はうるおいを奪われないように軽くしましょう。界面活性剤不使用の洗顔料がお勧めです。

TOPへ戻る